動脈硬化とED

EDというと男性器そのものだけに問題が有ると思われがちですが、動脈硬化と深い繋がりがあるのです。この記事では、動脈硬化とEDの関係について、御紹介させて頂きます。

EDの進行と血管機能の衰えの進行は比例する

男性は40歳頃を境に男性更年期障害によって、血管機能の衰えが目立ち始めるとされています。そして、この血管機能の衰えの進行と比例して、EDの症状も進行していくと言われています。

つまり、男性更年期障害が進行しますと、EDだけでなく、全身の血管にまつわる病気のリスクも高まっているということを意味しているのです。

動脈硬化とEDの関係

こうなってくると心配になってくるのは、心臓や脳の血管の老化による「動脈硬化」ですよね。動脈が衰えてくると、血管が狭くなったり、血栓が出来やすくなったりしてしまいます。

動脈硬化は、自覚症状も少ないですし、血管の中で起こる症状ですので、血管の外からは分かりにくいものです。

しかし、血管の老化が分かりやすく自覚症として現れる数少ない部位が存在しているのです。それが、男性器なのです。

血管の老化によって、男性器が勃起しなくなってしまうということは、男性器以外の血管も男性器と同様に衰えてきていることを意味します。

つまり、EDの症状が出てきているということは、動脈硬化のリスクを見定める指標の一つになると言えるのです。気を付けて男性器を観察しましょう。

EDかもしれないけど病院でEDを診てもらうのが恥ずかしいという方は

EDかもしれないけど病院でEDを診てもらうのが恥ずかしいという方は、ED・精力・勃起の薬を個人輸入という選択肢もあります。

個人輸入で行う輸入、個人輸入なら、処方箋をもらう為に病院に行かなくても、医薬品を入手することが可能です。

しかしながら、個人輸入は、言語や通貨等のハードルがありますので、個人輸入代行業者を通して行うのが一般的となります。

個人輸入代行は威龍、ccにお任せ下さい 詳しくはコチラを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 2 =