不妊治療中でもED治療薬バイアグラが保険適用外!?

2022年4月から不妊治療中の男性のEDに対して処方されるED治療薬バイアグラが保険適用になりますが、同条件にも関わらず、4月以降も保険適用外のパターンもあるので注意が必要です。

保険適用後もED治療薬バイアグラが保険適用外で処方される?

2022年4月から不妊治療中の男性のEDに対して処方されるED治療薬バイアグラが保険適用になるのですが、病院によっては、保険が適用されない病院もあるのです。

不妊治療だとしても、2022年の4月以降も自由診療を継続して、ED治療薬バイアグラを保険適用外で処方する意向をホームページ等で示している病院があるのです。

保険適用でED治療薬バイアグラを処方してもらおうとして、病院を探される際は、保険適用になるのか、保険適用にならないのか、しっかり確認してから受診するようにしましょう。

ED治療薬バイアグラが保険適用で処方されるのは不妊治療が大前提

ED治療薬バイアグラの保険適用に関しては、不妊治療が大前提になりますので、不妊治療していない方の場合、保険は適用されません。

ですので、現在不妊治療以外の目的で、ED治療薬バイアグラを処方してもらっている方の殆どが、自費診療のままとなることでしょう。

EDを病院で診てもらうのが恥ずかしいという方は

EDを病院で診てもらうのが恥ずかしいという方は、ED・精力・勃起の薬を個人輸入という選択肢もあります。

個人輸入で行う輸入、個人輸入なら、処方箋をもらう為に病院に行かなくても、医薬品を入手することが可能です。

しかしながら、個人輸入は、言語や通貨等のハードルがありますので、個人輸入代行業者を通して行うのが一般的となります。

個人輸入代行は威龍、ccにお任せ下さい 詳しくはコチラを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

14 − 6 =